logo東邦大学・医中誌
診療ガイドライン情報データベース

データ更新日 2017-06-01

キーワードで検索


期間で検索

  • 月 ~

分類から探す

「小腸の疾患」のリスト ……… 2件

  • 媒体アイコン

    1:G02837

    小腸内視鏡診療ガイドライン

    • Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207/1884-5738)57巻12号 Page2685-2720(2015.12)
    • Author:日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会, 日本消化管学会, 日本カプセル内視鏡学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会
    • Abstract:カプセル内視鏡・バルーン内視鏡の開発・普及により、小腸領域においても内視鏡が疾患の診断・治療に重要な役割を果たすようになった。小腸内視鏡の適応として最も頻度が高いのは、いわゆる原因不明の消化管出血(obscure gastrointestinal bleeding:OGIB)である。その他には小腸狭窄、腫瘍、炎症性腸疾患などにおいて小腸内視鏡の有用性が確認されている。小腸内視鏡の有用性が認識された今、臨床現場で安全かつ効率的に使用し、最大限の効果を得るためには一定の指針が必要となる。そこで、日本消化器内視鏡学会では、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本カプセル内視鏡学会の協力を得て、現時点で得られるだけのエビデンスに基づく「小腸内視鏡診療ガイドライン」を作成した。しかし、まだ比較的新しい内視鏡手技であり、エビデンスが不十分な部分に関しては専門家のコンセンサスに基づき推奨度を決定した。本ガイドラインは小腸疾患診療のガイドラインとしての疾患中心のまとめではなく、小腸内視鏡というモダリティを中心としたガイドラインとして作成し、小腸内視鏡としては臨床現場の実情に即して小腸カプセル内視鏡とバルーン内視鏡に絞り、指針を作成した。(著者抄録)
    • 分類:小腸の疾患; 生体検査
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    2:G02073

    生体小腸移植ガイドライン

    • Source:移植(0578-7947)45巻6号 Page評議委員会資料 添付資料1-(2010)
    • Author:日本移植学会
    • 分類:移植; 小腸の疾患


© 東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会, 2017
ページの先頭に戻る