logo東邦大学・医中誌
診療ガイドライン情報データベース

データ更新日 2017-12-01

キーワードで検索


期間で検索

  • 月 ~

分類から探す

「地域感染予防」のリスト ……… 37件

  • 媒体アイコン

    1:G03288

    肺炎球菌ワクチン再接種のガイダンス(改訂版)

    • Source:感染症学雑誌(0387-5911)91巻4号 Page543-552(2017.07)
    • Author:一般社団法人日本感染症学会肺炎球菌ワクチン再接種問題検討委員会
    • 分類:細菌性疾患と真菌性疾患; 予防接種
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    2:G03192

    蚊媒介感染症の診療ガイドライン(第4版)

  • 媒体アイコン

    3:G03088

    潜在性結核感染症治療終了後の管理方法等について

    • Source:結核(0022-9776/1884-2410)91巻8号 Page593-599(2016.08)
    • Author:日本結核病学会予防委員会
    • Abstract:平成25年3月公表の「潜在性結核感染症治療指針」における「治療後の発病リスク、経過観察のあり方」の内容について、最近の研究知見や関係法令等を踏まえて再検討を行い、その結果を提言としてまとめた。<提言>潜在性結核感染症(LTBI)の治療後の管理方法については、一律6ヵ月毎2年間の病状把握を行うのではなく、治療後も発病リスクが高いなどの理由で保健所長が「結核の予防又は医療上必要がある」と認める者に対して管理検診等による病状把握を行う方法とすべきである。一方、LTBI治療終了者のうち発病リスクが高くないと保健所長が判断した者については、LTBI治療の効果と限界、結核発病時の症状等を説明したうえで、有症時の早期受診を指示することを基本とし、治療終了後2年間のうち適当な時点において結核回復者から除外(すなわち登録を削除)できるようにすべきである。参考として、保健所長が病状把握の必要性を判断するための考え方を例示した。なお、本提言の内容を保健所で円滑に実施できるようにするためには、関連する厚生労働省令の改正、および結核の活動性分類の見直しと病状把握方法の簡略化に向けた関係通知の改正が望まれる。<提言の根拠となる知見等>LTBI治療後の結核発病率には、治療レジメンの有効性や服薬状況のほか、治療対象者のもつ発病リスクのレベルが強く影響するほか、LTBI診断の精度など様々な因子も影響を及ぼす。関連する研究成果を概観すると、LTBI治療例では、同じ発病リスク要因をもちながら未治療だった例よりも結核発病率が明らかに低く、治療終了後の発病リスクが2年以内に特に高いという知見は認められない。LTBIと診断されても結核発病リスクが低いと推定される者(医療従事者の雇入時健診等のIGRA陽性例等)については、LTBI未治療でも発病率が低く、LTBI治療を完遂した場合には経過観察の必要性が乏しい。一方、大規模集団感染事例など、LTBI治療対象者の属する集団の結核発病リスクが高いと推定される場合には、治療後の発病率が比較的高い例がみられ、治療終了から数年以上経過後の発病例もあることを念頭に置いた対応が必要である。米国とカナダの指針では、LTBI治療完遂後の経過観察は基本的に不要であるとし、有症時の早期受診などが推奨されている。(著者抄録)
    • 分類:結核; 地域感染予防
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    4:G02987

    成人予防接種のガイダンス2016年改訂版

  • 媒体アイコン
  • 媒体アイコン

    6:G02703

    新版増補版 消毒と滅菌のガイドライン

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    7:G02562

    デング熱国内感染事例発生時の対応・対策の手引き 地方公共団体向け(第1版)

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    8:G02559

    一般社団法人日本環境感染学会 医療関係者のためのワクチンガイドライン 第2版(第1版:院内感染対策としてのワクチンガイドライン)

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    9:G02299

    大規模自然災害の被災地における感染制御マネージメントの手引き アドホック委員会 被災地における感染対策に関する検討委員会報告

    • Source:日本環境感染学会誌(1882-532X/1883-2407)29巻1号 PageS1-S78,np1(2014.01)
    • Author:一般社団法人日本環境感染学会, アドホック委員会被災地における感染対策に関する検討委員会
    • 分類:感染症; 地域感染予防
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    10:G02523

    医療関係者のためのワクチンガイドライン第2版

  • 媒体アイコン

    11:G02407

    感染症法に基づく結核の接触者健康診断の手引き (改訂第5版)

    • 発行:2014
    • Author:厚生労働科学研究(新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業)「地域における効果的な結核対策の強化に関する研究」
    • 分類:結核; 地域感染予防
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    12:G02436

    造血細胞移植学会ガイドライン:インフルエンザ第2版

    • 発行元:造血細胞移植学会ガイドライン第1巻.医学ジャーナル社(9784753226689). 2014
    • Author:日本造血細胞移植学会
    • 分類:インフルエンザ; 移植; 予防接種
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    13:G02435

    造血細胞移植学会ガイドライン:予防接種第2版

    • 発行元:造血細胞移植学会ガイドライン第1巻.医学ジャーナル社(9784753226689). 2014
    • Author:日本造血細胞移植学会
    • 分類:移植; 予防接種
  • 媒体アイコン

    14:G02414

    【翻訳版】サーベイランスのためのCDCガイドライン NHSNマニュアル(2011年版)より:改訂5版

    • 発行元:メディカ出版(9784840440271). 2012
    • Author:CDC:Centers for Disease Control and Prevention
    • 分類:感染症; 地域感染予防
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    15:G01821

    新版 消毒と滅菌のガイドライン

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    16:G01899

    海外渡航者のためのワクチンガイドライン 2010

    • 発行元:共和企画(9784877941291). 2010
    • Author:日本渡航医学会
    • 分類:感染症; 予防接種
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    17:G00808

    肺炎球菌ワクチン再接種に関するガイドライン

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    18:G00786

    同種造血幹細胞移植後の免疫再構築 造血細胞移植後の予防接種ガイドライン

    • Source:臨床血液(0485-1439)50巻8号 Page642-651(2009.08)
    • Author:日本造血細胞移植学会ガイドライン委員会予防接種ガイドライン部会
    • 分類:移植; 予防接種
    • 医中誌Webへのリンク
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    19:G00762

    新型インフルエンザ対策ガイドラインから「医療体制に関するガイドライン」 (平成21年2月17日 新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議)

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    20:G00761

    薬局薬剤師のための新型インフルエンザ対応マニュアル Ver.1.1

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    21:G00748

    日本環境感染学会院内感染対策としてのワクチンガイドライン 第1版

    • Source:日本環境感染学会誌(1882-532X)24巻3号 Pagenp1-S11(2009.05)
    • Author:日本環境感染学会ワクチン接種プログラム作成委員会
    • 分類:感染症; 感染予防管理; 予防接種
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    22:G01869

    移植後患者における新型インフルエンザ対策ガイドライン

  • 媒体アイコン

    23:G01244

    【翻訳版】サーベイランスのためのCDCガイドライン 第4版

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    24:G01448

    プリオン病感染予防ガイドライン 2008年版

    • 発行元:プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班. 2008
    • Author:厚生労働科学研究費補助金・難治性疾患克服研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班
    • 分類:感染症; 地域感染予防; 中枢神経系疾患
  • 媒体アイコン

    25:G02963

    予防接種と子どもの健康 (2008年3月改訂版)

    • 発行:2008
    • Author:予防接種ガイドライン等検討委員会
    • 分類:感染症; 小児の保健医療; 予防接種
    • ※ このガイドラインは、以前は学会ホームページなどにフルテキストが掲載されていました。
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    26:G02962

    予防接種ガイドライン (2008年3月改訂版)

    • 発行元:(財)予防接種リサ-チセンタ-. 2008
    • Author:予防接種ガイドライン等検討委員会
    • 分類:感染症; 予防接種
    • ※ このガイドラインは、以前は学会ホームページなどにフルテキストが掲載されていました。
  • 媒体アイコン

    27:G01401

    感染症法に基づく結核の接触者健康診断の手引き (改訂第3版)

  • 媒体アイコン

    28:G01332

    けいれん性疾患をもつ小児に対する予防接種ガイドライン

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    29:G01339

    サーベイランスのためのHIV感染症/AIDS診断基準

  • 媒体アイコン

    30:G01555

    重症心身障害児(者)対する予防接種ガイドライン

    • 発行元:神経疾患をもつ小児に対する予防接種ガイドブック 診断と治療社(9784787816146). 2007
    • Author:粟屋豊ほか(編)
    • 分類:小児の保健医療; 予防接種
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    31:G01516

    後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針

  • 媒体アイコン

    32:G01748

    風疹予防接種に関するガイドライン‐ 任意接種を実施する医師のために

  • 媒体アイコン

    33:G00244

    風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言 平成16年8月

    • Source:日本産科婦人科学会雑誌(0300-9165)56巻10号 Page16-35(2004.10)
    • Author:厚生労働科学研究費補助金新興・再興感染症研究事業分担研究班
    • 分類:ウイルス性疾患; 妊娠管理; 予防接種
    • 医中誌Webへのリンク
    • 国立情報学研究所:Niiプロジェクトリポジトリ
  • 媒体アイコン

    34:G01210

    【翻訳版】インフルエンザ予防指針 - CDC予防接種諮問委員会勧告 2004年版

  • 媒体アイコン

    35:G01311

    インフルエンザ予防接種ガイドライン 平成13年11月(平成15年9月改編)

  • 媒体アイコン

    36:G01330

    クロイツフェルト・ヤコブ病感染予防ガイドライン

    • 発行元:平成14年度研究報告書. 2003
    • Author:厚生労働科学研究費補助金特別研究事業 医療機関におけるクロイツフェルト・ヤコブ病保因者(疑い含む)に対する医療行為についてのガイドライン策定に関する研究班
    • 分類:感染症; 地域感染予防; 認知症
  • 媒体アイコン

    37:G00074

    インフルエンザ予防接種 ガイドライン

    • Source:日本医師会雑誌(0021-4493)126巻11号 Page1565-1569(2001.12)
    • Author:インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会
    • 分類:インフルエンザ; 予防接種
    • 医中誌Webへのリンク


© 東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会, 2017
ページの先頭に戻る