logo東邦大学・医中誌
診療ガイドライン情報データベース

データ更新日 2017-12-01

キーワードで検索


期間で検索

  • 月 ~

分類から探す

「理学療法」のリスト ……… 34件

  • 媒体アイコン

    1:G03252

    作業療法疾患別ガイドライン 脳血管障害

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    2:G03179

    集中治療における早期リハビリテーション 根拠に基づくエキスパートコンセンサス

    • Source:日本集中治療医学会雑誌(1340-7988/1882-966X)24巻2号 Page255-303(2017.03)
    • Author:日本集中治療医学会早期リハビリテーション検討委員会
    • Abstract:近年、集中治療領域での早期リハビリテーションが注目されているが、わが国の集中治療領域で行われている早期リハビリテーションは経験的に行われていることが多く、その内容や体制は施設により大きな違いがある。早期リハビリテーションへの期待が高まり、今後より高度急性期の病床機能の明確化が進む中で、集中治療領域での早期リハビリテーションの確立や標準化は喫緊の課題である。この度、日本集中治療医学会の早期リハビリテーション検討委員会では、「集中治療における早期リハビリテーション~根拠に基づくエキスパートコンセンサス~」を作成した。このエキスパートコンセンサスでは、早期リハビリテーションの定義や早期リハビリテーションの効果、さらには早期リハビリテーションの禁忌や開始基準・中止基準、早期リハビリテーションの体制について解説する。(著者抄録)
    • 分類:クリティカルケア; リハビリテーション
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    3:G02831

    摂食嚥下障害の評価【簡易版】 2015改訂

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    4:G02661

    嚥下造影の検査法(詳細版) 日本摂食嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会2014年度版

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    5:G02696

    心血管疾患患者におけるリハビリテーションのガイドライン(JCS2012) 要約版

    • Source:Circulation Journal(1346-9843/1347-4820)78巻8号 Page2022-2093(2014.07)
    • Author:JCS Joint Working Group, The Japanese Circulation Society, The Japanese Coronary Association, The Japanese Association for Thoracic Surgery, The Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, The Japanese College of Cardiology, The Japanese Association of Cardiac Rehabilitation, The Japanese Society of Electrocardiology, The Japanese Heart Failure Society, The Japanese Physical Therapy Association, The Japanese Society of Clinical Sports of Medicine
    • 分類:リハビリテーション; 血管の疾患; 心臓の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    6:G02469

    心臓リハビリテーション標準プログラム(2013年版) 心筋梗塞急性期・回復期

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    7:G02314

    Minds版やさしい解説 大腿骨頚部/転子部骨折(第1版)

  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    8:G02406

    神経筋疾患・脊髄損傷の呼吸リハビリテーションガイドライン

  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    9:G02221

    脳性麻痺リハビリテーションガイドライン 第2版

  • 媒体アイコン

    10:G02114

    標準的神経治療 重症神経難病の呼吸ケア・呼吸管理とリハビリテーション

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    11:G02152

    がんのリハビリテーションガイドライン

  • 媒体アイコン

    12:G01110

    てんかんに対する迷走神経刺激療法の実施ガイドライン

    • Source:てんかん研究(0912-0890)30巻1号 Page68-72(2012.06)
    • Author:日本てんかん学会ガイドライン作成委員会
    • 分類:てんかん; 理学療法
    • 医中誌Webへのリンク
    • CiNii
  • 媒体アイコン

    13:G01079

    電磁波温熱療法の適正な使用と、保険診療における「一連につき」の解釈に対するガイドライン

    • Source:Thermal Medicine(1882-2576)28巻1号 Page24(2012.03)
    • Author:日本ハイパーサーミア学会健保・保険点数改定委員会
    • 分類:温熱療法; 社会保険
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    14:G02141

    心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン 2012年改訂版

  • 媒体アイコン

    15:G00957

    QA委員会報告 金属埋没患者の誘電型加温における安全加温についての指針

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    16:G02012

    摂食・嚥下障害,構音障害に対する舌接触補助床(PAP)の診療ガイドライン

  • 媒体アイコン

    17:G02705

    理学療法診療ガイドライン第1版 (2011)

    • 発行:2011
    • Author:日本理学療法士協会
    • 分類:理学療法
  • 媒体アイコン

    18:G02011

    顎関節症患者のための初期治療診療ガイドライン2: 開口障害を主訴とする顎関節症患者に対する自己開口訓練について 一般歯科医師編

  • 媒体アイコン

    19:G00929

    QA委員会報告 金属埋没患者の誘電型加温における安全加温についての指針

    • Source:Thermal Medicine(1882-2576)26巻4号 Page153-169(2010.12)
    • Author:日本ハイパーサーミア学会QA委員会
    • Abstract:8MHz誘電型外部加温におけるステント装着患者の安全加温についての指針を以下に示す。1.食道にステントを挿入された患者の加温は、禁忌である。2.血管に挿入されたステントを装着した患者の加温は、原則安全に加温できる。3.血管以外に挿入されたステントを装着した患者の加温は、原則禁忌である。4.胆管にステントを挿入された患者の加温は、シミュレーション結果と比較しても、原則安全に加温できると考えられる。ただし、胆管ステントが閉塞した患者に対しては要注意である。初回加温時のパワー上昇については、患者の様子を観察しながら行うこと。5.ステントが長ければ長い程、過剰な温度上昇が発生する可能性がある。6.ステントの直径が大きければ大きい程、過剰な温度上昇が発生する可能性がある。7.ステントの軸方向が電界の方向に近い程、過剰な温度上昇が発生する可能性がある。(著者抄録)
    • 分類:温熱療法; 診療の安全性
    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    20:G00939

    訓練法のまとめ(改訂2010)

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    21:G00885

    脳卒中リハビリテーション地域連携パスに関する指針(ダイジェスト版)

    • Source:The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(1881-3526)47巻7号 Page420-442(2010.07)
    • Author:日本リハビリテーション医学会
    • 分類:リハビリテーション; 脳卒中
    • 医中誌Webへのリンク
    • CiNii
    • MedicalFinder
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    22:G00834

    NICUにおける呼吸理学療法ガイドライン(第2報)

    • Source:日本未熟児新生児学会雑誌(1347-8540)22巻1号 Page139-149(2010.02)
    • Author:新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム新生児医療連絡会NICUにおける呼吸理学療法ガイドライン検討委員会
    • Abstract:「NICUにおける呼吸理学療法ガイドライン」(以下、ガイドライン)は、緒言、ガイドラインの目的、ガイドライン作成方法、論文の推奨レベルと評価の結果、結論:新生児に対する体位排痰法のガイドライン、解説、考察、<付録>体位排痰法の個別手技の解説、体位排痰法の施行手順で構成される。本ガイドラインは新生児関連の医療施設に従事する医師・看護師・理学療法士などを対象とし、各施設独自のマニュアル作成の参考となるよう作成された。(著者抄録)
    • 分類:クリティカルケア; 呼吸管理; 呼吸器系の疾患; 小児の保健医療; 理学療法
    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    23:G02071

    迷走神経刺激療法と刺激装置植込術に関するガイドライン

    • Source:てんかん研究(0912-0890)28巻1号 Page巻頭-(2010)
    • Author:日本てんかん学会 他
    • 分類:てんかん; 理学療法
  • 媒体アイコン

    24:G00790

    舌接触補助床(PAP)のガイドライン(案)

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    25:G00740

    訓練法のまとめ

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
    • Digital_e-hon
  • 媒体アイコン

    26:G01735

    脳性麻痺リハビリテーションガイドライン

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    27:G01417

    筋萎縮性側索硬化症の包括的呼吸ケア指針-呼吸理学療法と非侵襲陽圧換気療法(NPPV)

    • 発行元:厚生労働省難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の生活の質(QPL)の向上に関する研究」班. 2008
    • Author:厚生労働省難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の生活の質(QPL)の向上に関する研究」班
    • 分類:神経筋疾患; 人工呼吸; 脊髄の疾患; 理学療法
  • 媒体アイコン

    28:G01665

    心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン 2007年改訂版 【ダイジェスト・要約版】

  • 媒体アイコン

    29:G01664

    心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン 2007年改訂版

  • 媒体アイコン

    30:G01363

    リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン (2006)

    • 発行元:医歯薬出版(426321854X). 2006
    • Author:日本リハビリテーション医学会
    • 分類:リハビリテーション
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    31:G00234

    嚥下造影の標準的検査法(詳細版) 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会案作成に当たって

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    32:G00180

    ハイパーサーミア装置の操作ガイド(III) 腔内加温法

    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    33:G00142

    循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2000-2001年度合同研究班報告) 心疾患における運動療法に関するガイドライン

    • Source:Circulation Journal(1346-9843)66巻Suppl.IV号 Page1177-1260(2002.11)
    • Author:日本循環器学会,日本心臓病学会,日本心臓リハビリテーション学会,日本臨床スポーツ医学会,日本冠疾患学会,日本胸部外科学会,日本理学療法士学会,日本心電図学会,日本小児循環器学会
    • 分類:運動療法; 心臓の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    34:G00006

    ハイパーサーミアガイドライン1998

    • 医中誌Webへのリンク


© 東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会, 2017
ページの先頭に戻る