logo東邦大学・医中誌
診療ガイドライン情報データベース

データ更新日 2017-03-01

キーワードで検索


期間で検索

  • 月 ~

分類から探す

「腸の疾患」のリスト ……… 36件

  • 媒体アイコン

    1:G03002

    JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015 腸管感染症

    • Source:感染症学雑誌(0387-5911)90巻1号 Page31-65(2016.01)
    • Author:一般社団法人日本感染症学会, 公益社団法人日本化学療法学会JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会腸管感染症ワーキンググループ
    • 分類:感染症; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    2:G02861

    JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015 腸管感染症

    • Source:日本化学療法学会雑誌(1340-7007/1884-5886)64巻1号 Page31-65(2016.01)
    • Author:一般社団法人日本感染症学会, 公益社団法人日本化学療法学会JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会腸管感染症ワーキンググループ
    • 分類:感染症; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    3:G03023

    潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針(平成26年度改訂版)

    • 発行:2016
    • Author:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸肝障害に関する調査研究」斑
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    4:G03051

    炎症性腸症候群(IBD)診療ガイドライン 2016

    • 発行元:南江堂. 2016
    • Author:日本消化器病学会
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    5:G02837

    小腸内視鏡診療ガイドライン

    • Source:Gastroenterological Endoscopy(0387-1207/1884-5738)57巻12号 Page2685-2720(2015.12)
    • Author:日本消化器内視鏡学会, 日本消化器病学会, 日本消化管学会, 日本カプセル内視鏡学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会
    • Abstract:カプセル内視鏡・バルーン内視鏡の開発・普及により、小腸領域においても内視鏡が疾患の診断・治療に重要な役割を果たすようになった。小腸内視鏡の適応として最も頻度が高いのは、いわゆる原因不明の消化管出血(obscure gastrointestinal bleeding:OGIB)である。その他には小腸狭窄、腫瘍、炎症性腸疾患などにおいて小腸内視鏡の有用性が確認されている。小腸内視鏡の有用性が認識された今、臨床現場で安全かつ効率的に使用し、最大限の効果を得るためには一定の指針が必要となる。そこで、日本消化器内視鏡学会では、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本カプセル内視鏡学会の協力を得て、現時点で得られるだけのエビデンスに基づく「小腸内視鏡診療ガイドライン」を作成した。しかし、まだ比較的新しい内視鏡手技であり、エビデンスが不十分な部分に関しては専門家のコンセンサスに基づき推奨度を決定した。本ガイドラインは小腸疾患診療のガイドラインとしての疾患中心のまとめではなく、小腸内視鏡というモダリティを中心としたガイドラインとして作成し、小腸内視鏡としては臨床現場の実情に即して小腸カプセル内視鏡とバルーン内視鏡に絞り、指針を作成した。(著者抄録)
    • 分類:小腸の疾患; 生体検査
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    6:G02947

    消化器外科 大腸

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    7:G02772

    JGES大腸内視鏡的粘膜下層剥離術、内視鏡的粘膜切除術ガイドライン

    • Source:Digestive Endoscopy(0915-5635/1443-1661)27巻4号 Page417-434(2015.05)
    • Author:Japan Gastroenterological Endoscopy Society, Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum, Japanese Society of Coloproctology, Japanese Society of Gastroenterology, Guidelines Committee,Japan Gastroenterological Endoscopy Society
    • 分類:腸の腫瘍; 外科手術; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    8:G02771

    エビデンスに基づいた過敏性腸症候群に対する臨床治療ガイドライン

    • Source:Journal of Gastroenterology(0944-1174/1435-5922)50巻1号 Page11-30(2015.01)
    • Author:FukudoShin(日本消化器病学会)
    • 分類:結腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    9:G02328

    機能性消化管疾患診療ガイドライン2014―過敏性腸症候群(IBS)

    • 発行元:南江堂(9784524265572). 2014
    • Author:日本消化器学会
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    10:G02276

    生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き

  • 媒体アイコン

    11:G01155

    小児クローン病治療ガイドライン

    • Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻1号 Page30-37(2013.01)
    • Author:日本小児栄養消化器肝臓学会小児クローン病治療ガイドライン作成委員会
    • 分類:小児の保健医療; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    12:G02112

    日本の専門家の公式コンセンサスを統合したクローン病に対するエビデンスに基づいた診療ガイドライン

    • Source:Journal of Gastroenterology(0944-1174/1435-5922)48巻1号 Page31-72(2013.01)
    • Author:the Guidelines Project Group of the Research Group of Intractable Inflammatory Bowel Disease subsidized by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan and the Guidelines Committee of the Japanese Society of Gastroenterology
    • 分類:腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    13:G02321

    腸管ベーチェット病診療コンセンサス・ステートメント(2013年9月1日改訂)

    • 発行元:-. 2013
    • Author:厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)ベーチェット病に関する調査研究班
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    14:G02293

    日本の2011年小児腸重積症の診療ガイドライン

    • Source:Pediatrics International(1328-8067/1442-200X)54巻6号 Page948-958(2012.12)
    • Author:Guideline Committee of the Japanese Society of Emergency Pediatrics
    • 分類:小児の保健医療; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    15:G02016

    エビデンスに基づいた小児腸重積症の診療ガイドライン

    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    16:G01950

    クローン病診療ガイドライン

    • 発行元:-. 2011
    • Author:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸肝障害に関する調査研究」斑
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    17:G01918

    患者さんと家族のためのクローン病ガイドブック

    • 発行元:南江堂(9784524262779). 2011
    • Author:日本消化器病学会
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    18:G00920

    腸管感染症検査ガイドライン

    • Source:日本臨床微生物学雑誌(0917-5059)20巻Suppl.号 Page1-138(2010.12)
    • Author:日本臨床微生物学会
    • 分類:感染症; 検体検査; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    19:G00901

    エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン 英語版

    • Source:IBD Research(1881-6533)4巻3号 Page189-239(2010.09)
    • Author:難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班プロジェクト研究グループ
    • 分類:腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン 媒体アイコン

    20:G01331

    クローン病診療ガイドライン

  • 媒体アイコン

    21:G02073

    生体小腸移植ガイドライン

    • Source:移植(0578-7947)45巻6号 Page評議委員会資料 添付資料1-(2010)
    • Author:日本移植学会
    • 分類:移植; 小腸の疾患
  • 媒体アイコン

    22:G01924

    腸管ベーチェット病診療ガイドライン平成21年度案 - コンセンサス・ステートメントに基づく -

  • 媒体アイコン

    23:G00728

    Food Protein-Induced Enterocolitis Syndrome(FPIES)、臨床、病態のまとめと診断治療指針作成

    • Source:日本小児アレルギー学会誌(0914-2649)23巻1号 Page34-47(2009.03)
    • Author:新生児-乳児アレルギー疾患研究会
    • Abstract:新生児-乳児消化管アレルギーは、1995年以降、患者数が急増しつつある。牛乳特異的IgE抗体は検出されないことも多く、診断は容易ではない。新生児-乳児アレルギー疾患研究会では、速やかで確実な診断治療の一助となることを願って診断治療指針作成を試みた。http://www.nch.go.jp/imal/FPIES/icho/index.htmlこれを掲載するとともに、確定診断の開発、より安全な治療方針の策定を行うために研究を行っており、現時点での結果について述べさせていただく。(著者抄録)
    • 分類:アレルギー; 小児の保健医療; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • MedicalOnline
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    24:G00599

    エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン

    • Source:IBD Research(1881-6533)2巻増刊号 Pagenp1,np2-np3,1-35,np4(2008.03)
    • Author:難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班プロジェクト研究グループ
    • 分類:腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    25:G01447

    ヒルシュスプルング病に対する腹腔鏡補助下根治術のガイドライン

    • 発行元:内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版(9784307202459). 2008
    • Author:日本内視鏡外科学会
    • 分類:奇形; 結腸の疾患
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    26:G01608

    大腸憩室炎に対する腹腔鏡手術のガイドライン

    • 発行元:内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版(9784307202459). 2008
    • Author:日本内視鏡外科学会
    • 分類:外科手術; 結腸の疾患
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    27:G02814

    小児潰瘍性大腸炎治療指針改定案(2008年)

    • Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)112巻12号 Page1876-1879(2008)
    • Author:日本小児栄養消化器肝臓学会
    • 分類:腸の疾患; 小児の保健医療
  • 媒体アイコン

    28:G01379

    炎症性腸疾患に対する腹腔鏡手術のガイドライン

    • 発行元:内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版(9784307202459). 2008
    • Author:日本内視鏡外科学会
    • 分類:外科手術; 腸の疾患
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    29:G01616

    虫垂炎に対する腹腔鏡手術のガイドライン

    • 発行元:内視鏡外科診療ガイドライン 2008年版 金原出版(9784307202459). 2008
    • Author:日本内視鏡外科学会
    • 分類:外科手術; 虫垂の疾患
    • NDLサーチ
  • 媒体アイコン

    30:G00460

    小児クローン病の治療指針

    • Source:Pediatrics International(1328-8067)48巻3号 Page349-352(2006.06)
    • Author:WORKING GROUP OF THE JAPANESE SOCIETY FOR PEDIATRIC GASTROENTEROLOGY,HEPATOLOGY AND NUTRITION
    • 分類:小児の保健医療; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    31:G00318

    小児クローン病治療指針案

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    32:G01314

    エビデンスとコンセンサスを統合した潰瘍性大腸炎のガイドライン

    • 発行:2005
    • Author:難治性炎症性腸管障害に関する研究調査班プロジェクト研究グループ
    • 分類:腸の疾患
  • 媒体アイコン

    33:G00235

    小児潰瘍性大腸炎の治療ガイドライン

    • Source:Pediatrics International(1328-8067)46巻4号 Page494-496(2004.08)
    • Author:THE WORKING GROUP OF THE JAPANESE SOCIETY FOR PEDIATRIC GASTROENTEROLOGY,HEPATOLOGY AND NUTRITION
    • 分類:小児の保健医療; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    34:G00219

    小児潰瘍性大腸炎治療指針案

    • Source:日本小児科学会雑誌(0001-6543)108巻4号 Page611-614(2004.04)
    • Author:日本小児栄養消化器肝臓学会潰瘍性大腸炎治療指針作成ワーキンググループ
    • Abstract:小児の潰瘍性大腸炎に対して,成人の治療指針との主な相違点は以下の通りである.1)中等症で炎症反応のある場合は重症例と同じ扱いとし,重症例のうち全身状態不良の場合は,劇症に準じた扱いとする.2)6-MPやアザチオプリンは緩解維持の目的で使用することとする.3)再燃時の治療方針の決定には成長を考慮することとする.4)重症例および劇症例の治療の選択肢にステロイドパルス療法を加える.5)血球成分除去療法とシクロスポリン持続静注療法をフローチャートに取り入れる.6)各薬剤の使用量は,患児の体重に応じて決定する
    • 分類:小児の保健医療; 腸の疾患
    • ※ このデータは旧版です。新版情報はこちら
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    35:G01617

    腸管出血性大腸菌感染に伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断・治療のガイドライン(改訂版)

  • 媒体アイコン

    36:G00012

    腸出血性大腸菌に伴った溶血性尿毒症症候群の診断 治療指針

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref


© 東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会, 2017
ページの先頭に戻る