logo東邦大学・医中誌
診療ガイドライン情報データベース

データ更新日 2021-12-01

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連ガイドライン

※ COVID-19に関連する日本の論文情報は医中誌ホームページの特設ページに掲載されています。

キーワードで検索


期間で検索

  • 月 ~

分類から探す

「COVID-19」のリスト ……… 39件

  • 媒体アイコン

    1:G04455

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における静脈血栓塞栓症予防の診療指針2021年4月5日版(Version 2.0)

    • Source:静脈学(0915-7395/2186-5523)32巻1号 Page99-103(2021.06)
    • Author:日本静脈学会, 肺塞栓症研究会, 日本血管外科学会, 日本脈管学会
    • Abstract:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では,静脈血栓塞栓症(VTE)を主とした血栓症を高頻度に合併する.そこで,日本のアンケート調査を踏まえ,診療手引きや他のガイドラインを参考に,COVID-19でのVTE予防診療指針を改定し,予防法を提案する.「軽症」:基本的に抗凝固療法は不要とし理学療法(離床,下肢運動,弾性ストッキング)を中心とする.理学療法はVTE予防の基本である.「中等症I」(息切れ,肺炎所見):抗凝固療法は不要とし,理学療法(間欠的空気圧迫法も含む)を中心とする.「中等症II」(酸素投与が必要):予防用量である低用量未分画ヘパリンの使用を考慮する.APTT測定による用量調節は必要としない.抗凝固療法中の理学療法併用は必須ではない.「重症」(ICU管理あるいは人工呼吸器):未分画ヘパリンの投与を行う.投与量は出血リスクを勘案し予防用量とする.Dダイマーの継続的なモニタリングを実施する.本指針は今後も改定する予定である.(著者抄録)
    • 分類:ウイルス性疾患; 血管の疾患; 予防的保健サービス
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    2:G04443

    歯科訪問診療における感染予防策の指針 2021年版

    • Source:老年歯科医学(0914-3866/1884-7323)36巻1号 PageE4-E33(2021.06)
    • Author:一般社団法人日本老年歯科医学会, 在宅歯科医療委員会, 一般社団法人日本在宅医療連合学会
    • 分類:ウイルス性疾患; 感染予防管理; 歯科医療
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    3:G04322

    手術室での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策ガイド 第3版[改訂2021年2月14日]

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    4:G04231

    健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策について

    • Source:総合健診(1347-0086/1884-4103)48巻1号 Page110-113(2021.01)
    • Author:(一社)日本総合健診医学会, (公社)日本人間ドック学会, (公財)結核予防会, (公社)全国労働衛生団体連合会, (公財)日本対がん協会, (公社)全日本病院協会, (一社)日本病院会, (公財)予防医学事業中央会
    • 分類:ウイルス性疾患; 一般健康診断; 感染予防管理
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    5:G04234

    新たな感染症を踏まえた歯科診療の指針[第1版]

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    6:G04199

    新型コロナウイルス感染症 病原体検査の指針 第3版

  • 媒体アイコン

    7:G04285

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第5版

  • 媒体アイコン

    8:G04191

    日本医学会連合COVID-19 expert opinion第2版(2021年1月4日版)

  • 媒体アイコン

    9:G04426

    日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編 COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations 第4.0版

  • 媒体アイコン

    10:G04389

    日本不整脈心電学会タスクフォースによるCOVID-19パンデミック下での心臓電気生理学的手技に対するステートメント

    • Source:Journal of Arrhythmia(1880-4276/1883-2148)36巻6号 Page1117-1121(2020.12)
    • Author:the Japanese heart rhythm society task force
    • Abstract:電気生理学者が直面する問題の解決と、COVID-19パンデミック中およびその後の医療従事者に対する電気生理学的手技の規制と進歩のための標準的指標を提供するため、日本不整脈心電学会タスクフォースが発表したステートメントを報告した。2020年5月11~18日に417の電気生理学的手技施行施設に対して質問票調査を実施して、COVID-19の管理の状態と医療資源の不足について調査した。218施設から回答が得られた。COVID-19例の急増を主因として2020年4月に電気生理学的手技の施行件数が減少したが、地域差があった。心房細動患者のカテーテルアブレーションを延期したところ、心不全の悪化が認められた。院内PCR検査は電気生理学的手技施行施設の半数のみが実施した。個人用保護具(PPE)の不足は日本の非流行地域でも依然として深刻であった。ガイドラインでは電気生理学的手技の再導入にあたって、COVID-19パンデミックの地域的負荷、PPEの供給レベル、不整脈の重症度を考慮して、医師は待機的電気生理学的手技の適応を決定する必要がある。
    • 分類:ウイルス性疾患; 感染予防管理; 心臓の疾患; 生体検査
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    11:G04449

    日本老年医学会合意声明「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行期において高齢者が最善の医療および長期ケアを受けるための提言 advance care planning実施のタイミングを考える」

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    12:G04264

    COVID-19急性呼吸不全への人工呼吸管理とECMO管理 基本的考え方

    • Source:日本集中治療医学会雑誌(1340-7988/1882-966X)27巻6号 Page447-452(2020.11)
    • Author:厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」分担研究班, 日本COVID-19対策ECMOnet, 日本集中治療医学会, 日本呼吸療法医学会, 日本救急医学会
    • Abstract:2019年に発生した新型コロナウイルス疾患(coronavirus disease 2019,COVID-19)により急性呼吸不全を呈する重症患者管理の根幹は,呼吸機能低下に対する支持療法としての人工呼吸と体外膜型肺(extracorporeal membrane oxygenation,ECMO)である。COVID-19患者数が増加していることを踏まえ,臨床現場での参考となりうるECMOに関する標準的なケアの概要を,専門家のコンセンサスステートメントとして提案した。ECMO管理のための適応,管理方法および注意点を,資源制約のある場合を含めて記載した。(著者抄録)
    • 分類:ウイルス性疾患; 呼吸管理; 呼吸器系の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    13:G04265

    新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019、COVID-19)流行に際しての医療資源配分の観点からの治療の差し控え・中止についての提言

    • Source:日本集中治療医学会雑誌(1340-7988/1882-966X)27巻6号 Page509-510(2020.11)
    • Author:厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」分担研究班, 日本集中治療医学会臨床倫理委員会, 日本COVID-19対策ECMOnet, 日本集中治療医学会, 日本呼吸療法医学会, 日本救急医学会
    • Abstract:日本集中治療医学会臨床倫理委員会は,日本COVID-19対策ECMOnet(代表竹田晋浩)(日本集中治療医学会,日本呼吸療法医学会,日本救急医学会)ならびに厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」分担研究班と合同で,新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019,COVID-19)流行に際しての医療資源配分の観点からの治療の差し控え・中止の考え方を提言する。提言は,非常事態にあっても臨床倫理の原則を守りつつ,医療資源を公正に配分するために適切な議論を経て行われるべきことを骨子としている。(著者抄録)
    • 分類:その他保健医療サービス; ウイルス性疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    14:G04201

    COVID-19急性呼吸不全への人工呼吸管理とECMO管理 基本的考え方

    • Source:日本救急医学会雑誌(0915-924X/1883-3772)31巻10号 Page466-471(2020.10)
    • Author:厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」分担研究班, 日本COVID-19対策ECMOnet(日本集中治療医学会、日本呼吸療法医学会、日本救急医学会)
    • Abstract:2019年新型コロナウイルス疾患(COVID-19)により急性呼吸不全を呈する重症患者管理の根幹は,呼吸機能低下に対する支持療法としての人工呼吸と体外式膜型肺(ECMO)である。COVID-19患者数が増加していることを踏まえ,臨床現場での参考となりうるECMOに関する標準的なケアの概要を専門家のコンセンサスステートメントとして提案した。ECMO管理のための適応,管理方法,および注意点を,資源制約のある場合を含めて記載した。(著者抄録)
    • 分類:ウイルス性疾患; 呼吸管理; 呼吸器系の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    15:G04318

    COVID-19流行期における循環器医療体制維持に関する提言 第1版 2020年4月

    • Source:Circulation Journal(1346-9843/1347-4820)84巻11号 Page2023-2026(2020.10)
    • Author:the COVED-19 Task Force Mission Team of the Japanese Circulation Society
    • Abstract:COVID-19流行期においても、医療従事者の感染を防ぎ、緊急処置を要する重篤な患者に適切な治療が提供できるように、日本循環器学会が循環器診療に従事するすべての医療関係者に向けて取り纏めた提言(2020年4月第1版)について検討した。患者を「COVID-19陽性または疑い」と「その他すべて」の二つに分類するとともに、検査・治療を「緊急」と「待機」の二つに分類して、これらの組み合わせからなる2×2のカテゴリー毎に提言を整理した。提言として、COVID-19流行期において循環器医療体制を維持していくためには、COVID-19院内感染予防の徹底、診療に必要な個人防護具の確保、標準予防策の習得が必要であることを示した。
    • 分類:ウイルス性疾患; 感染予防管理; 循環器系の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    16:G04134

    新型コロナウイルス感染症対策 薬局向けガイドライン

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    17:G04212

    COVID-19パンデミック状況下における炎症性腸疾患の管理に関する専門家の意見JAPAN IBD COVID-19 TASKFORCE 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班

    • Source:日本消化管学会雑誌(2433-3840/2435-8967)4巻1号 Page15-24(2020.09)
    • Author:仲瀬裕志(札幌医科大学 消化器内科学講座)
    • Abstract:Coronavirus disease 2019(COVID-19)にともなう消化器症状ならびにCOVID-19パンデミック状況下での、炎症性腸疾患(IBD)患者に対しての、日常診療上の重要なポイントを解説する。現時点では、(1)IBD患者のCOVID-19リスクは、一般の方と比べて高くない、(2)原則としてIBD疾患活動性の制御が優先される、(3)寛解状態のIBD患者において、免疫調節薬や生物学的製剤治療を中止する必要はない、(4)ステロイド投与中患者、高齢IBD患者(60歳以上)では、COVID-19による入院、ICU管理、人工呼吸器使用率が高いといえる。(著者抄録)
    • 分類:ウイルス性疾患; 腸の疾患
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    18:G04157

    新型コロナウイルス感染症流行期における嚥下障害診療指針

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    19:G04297

    日本臨床検査医学会からの新型コロナウイルスに関する提言 唾液を用いたPCRや抗原検査における検体採取や検査の注意点

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻9号 Page753-755(2020.09)
    • Author:新型コロナウイルス検査における4学会合同ワーキンググループ
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査
    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    20:G04296

    日本臨床検査医学会からの新型コロナウイルスに関する提言 新型コロナウイルス感染症検査の使い分けの考え方

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻9号 Page749-752(2020.09)
    • Author:一般社団法人日本臨床検査医学会新型コロナウイルスに関するアドホック委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査
    • 医中誌Webへのリンク
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    21:G04156

    COVID-19のアウトブレイク時における肝細胞がん治療のガイダンス 日本肝がん分子標的治療研究会ワーキンググループレポート

    • Source:肝臓(0451-4203/1881-3593)61巻8号 Page389-398(2020.08)
    • Author:日本肝がん分子標的治療研究会ワーキンググループ
    • Abstract:本ガイダンスは、COVID-19パンデミックによって医療が逼迫した状況にあり、肝細胞がんの標準治療への制限を受けている状況を想定して作成したガイダンスである。各々の地域、施設における医療のひっ迫度(COVID-19患者の入院状況、防護服等の物品、病床数)の状況、時期によって対応は全く異なると考えられるが、今後COVID-19パンデミックは第2波、第3波なども予想され有効なワクチン・薬剤などが開発され接種が全国民に行き渡るまでは2-3年程度は持続することが想定されている。本ガイダンスがCOVID-19による医療崩壊の危機に万が一際した場合の肝細胞癌治療のあり方に関しての参考情報となるように願って作成した。(著者抄録)
    • 分類:ウイルス性疾患; 肝臓の腫瘍
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    22:G04165

    COVID-19パンデミックにおける肺癌診療 Expert opinion

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    23:G04128

    COVID-19対応 脳卒中プロトコル(日本脳卒中学会版Protected Code Stroke:JSS-PCS)2020年4月

    • Source:脳卒中(0912-0726/1883-1923)42巻4号 Page315-343(2020.07)
    • Author:日本脳卒中学会, COVID-19対策プロジェクトチーム, JSS-PCS作成ワーキンググループ, 脳卒中医療向上・社会保険委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 感染予防管理; 脳卒中
    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
    • MedicalOnline
  • 媒体アイコン

    24:G04081

    嗅覚測定法における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(第1版)

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    25:G04225

    新型コロナウイルス感染症急拡大期の消化管内視鏡診療について 日本消化器内視鏡学会の提言(2020年4月9日発表)

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    26:G04226

    新型コロナウイルス感染症拡大期の消化管内視鏡診療に関するクリニカルクエスチョンと対応

    • 医中誌Webへのリンク
    • Crossref
  • 媒体アイコン

    27:G04112

    薬局薬剤師のための新型コロナウイルス感染制御マニュアル

    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    28:G04224

    新型コロナウイルス核酸検査に係わる施設基準ならびに検体搬送・精度管理の方針【提言】

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻6号 Page505-508(2020.06)
    • Author:一般社団法人日本臨床検査医学会, 一般社団法人日本臨床微生物学会, 一般社団法人日本感染症学会, 日本臨床検査医学会新型コロナウイルスに関するアドホック委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査; 精度管理/精度評価
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    29:G04223

    日本臨床検査医学会からの新型コロナウイルスに関する提言 COVID-19抗原検査についての基本的な考え方

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻6号 Page493-494(2020.06)
    • Author:一般社団法人日本臨床検査医学会新型コロナウイルスに関するアドホック委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    30:G04041

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療と予防に関する栄養学的提言

    • 医中誌Webへのリンク
    • J-STAGE
  • 媒体アイコン

    31:G04291

    日本臨床検査医学会からの新型コロナウイルスに関する提言 新型コロナウイルス検査に係わる施設基準ならびに、検体搬送・精度管理の方針

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻5号 Page375-378(2020.05)
    • Author:一般社団法人日本臨床検査医学会, 一般社団法人日本臨床微生物学会, 一般社団法人日本感染症学会, 日本臨床検査医学会新型コロナウイルスに関するアドホック委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査; 精度管理/精度評価
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    32:G04026

    新型コロナウイルス検査に係わる施設基準ならびに、検体搬送・精度管理の方針

    • Source:臨床病理(0047-1860)68巻4号 Page258-260(2020.04)
    • Author:一般社団法人日本臨床検査医学会, 一般社団法人日本臨床微生物学会, 一般社団法人日本感染症学会, 新型コロナウイルスに関するアドホック委員会
    • 分類:ウイルス性疾患; 検体検査; 精度管理/精度評価
    • 医中誌Webへのリンク
  • 媒体アイコン

    33:G03903

    2019-nCoV (新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル

  • 媒体アイコン

    34:G03943

    【翻訳版】急性期病院におけるCOVID-19の理学療法管理 臨床実践のための推奨 Ver.1.0

  • 媒体アイコン

    35:G04286

    医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版

  • 媒体アイコン

    36:G04287

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引きVer3.0

  • 媒体アイコン

    37:G04288

    新型コロナウイルス感染症に対する感染管理(2020年10月2日改訂版)

  • 媒体アイコン

    38:G04118

    日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編 COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations 第3.2版

  • 媒体アイコン

    39:G04018

    職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド



© 東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会, 2021
ページの先頭に戻る